〒623-0035 京都府綾部市上野藤山1番地乙

おまつり

七五三まいりについて

10月から12月末までの土日祝祭日を中心に行います。

混雑が予測されるため、事前にご予約をお願いいたします。
平日や期間外をご希望の方も、気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談は、電話0773-42-7189まで。

【対象年齢】
女の子:3歳(髪置の祝)、7歳(帯解の祝)
男の子:3歳(髪置の祝)、5歳(袴着の祝)
・おまいりのお子様、ご家族に抹茶、桜湯、お菓子の接待をしております。
・祈祷料・・・5千円(お札、お守り、千歳飴を授与いたします。)
・A4サイズの写真を2枚プレゼントいたします。
・衣装と小物類を無料でお貸ししておりますので、境内での記念撮影等にご利用ください。

 

秋祭りについて

日時:平成29年10月15日(日) 午前7時40分より。
場所:あやべ若宮神社
赤旗行列・・・午前8時20分に若宮神社を出発します。
お神輿・・・・午前8時30分に若宮神社を出発します。

 

 

《お神輿の到着予定時刻》
8:40 田野入口三叉路→ 9:05 大本教長生殿→ 9:25 新町→ 9:40 若松町陸橋下→
10:00 川糸→10:30 並松町→ 10:50 上町→ 11:15 東・西本町→
11:30 南・北西町→ 11:40 綾部市役所
13:50 綾部市役所出発→ 14:20 月見町→ 14:40 本町4丁目→ 14:50 田町→
15:10 上野町→ 15:30 若宮神社到着

夏越の祓について

日時:平成29年6月30日金) 午後3時から
場所:あやべ若宮神社境内

◇上半期の最終日にあたる6月30日。半年間の穢(けが)れを祓うとともに、暑い夏を無事に過ごせるよう祈願するおまつりです。

◇ご参拝の皆さまに、茅の輪と水無月を授与いたします。

 

「茅の輪の神事」
茅の輪とは、茅(ちがや)を束ねて大きな輪にしたもので、罪や穢れ、疫気を祓うための祭具です。
茅の輪を身につければ災い除けのお守りに、また玄関に祀れば家のお守りになります。

 

蘇民将来のお話 「備後国風土記」より

その昔、蘇民将来(そみんしょうらい)と巨旦将来(こたんしょうらい)という2人の兄弟がいました。兄の蘇民将来は大変貧しい暮らしをしており、弟の巨旦将来は大変お金持ちで、お屋敷にはたくさんの倉が建てられていました。

ある夜、ひとりの旅人が一夜の宿を求めて訪ねてきました。名前は「武塔の神(むとうのかみ)」。南の海の神の娘に結婚の申し込みをするため、北の海からやってきたが、日が暮れて前に進めなくなったといいます。弟の巨旦将来は、武塔の神の薄汚い身なりを見て追い返しました。一方、兄の蘇民将来は快く武塔の神を迎え入れ、おいしい栗ご飯を炊いてもてなしました。

それから何年か経ったある日。武塔の神は、お嫁にもらった南の海の神の娘と8人の子どもを連れて再び蘇民将来の家を訪れました。そして、小さな茅の輪を授け、蘇民将来の家族に、そして巨旦将来と結婚した蘇民将来の娘にも、腰につけるよう告げ、北の海に帰っていきました。

その夜、兄弟が住んでいた村に疫病が発生し、たくさんの村人が命を失いましたが、不思議なことに蘇民将来の家族と、巨旦将来と結婚した娘だけが助かりました。すると、再び武塔の神が現れ、将来ふたたび疫病が流行るようなことがあれば「蘇民将来の子孫です」と言えば災難から免れると告げました。それ以降、村人たちは疫病が発生すると腰に茅の輪をつけ「蘇民将来の子孫なり」と口々に唱え、疫病から免れるようになりました。

これが「茅の輪神事」のはじまりです。

厄除大祭について

宵宮:平成29年2月17日(金) 午後12時~午後9時
本宮:平成29年2月18日(土) 午前7時~午後9時

※祈祷料:5千円(厄除のお札、お守り、守り矢、厄除箸を授与いたします。)
※2月17日・18日の厄除大祭にお越しの方は、当日の受付順にご祈祷いたしますので、ご予約は不要です。
※厄除大祭以外の日にお越しの方は事前に電話でご予約ください。
※昨年お受けになられた厄除箸は神社までご持参ください。

 電話:0773-42-7189(よに・ないやく)

平成29年の厄年一覧表

前厄 本厄 後厄
男性  平成6年生まれ 24歳 平成5年生まれ 25歳 平成4年生まれ 26歳
昭和52年生まれ 41歳 昭和51年生まれ 42歳 昭和50年生まれ 43歳
昭和33年生まれ 60歳 昭和32年生まれ 61歳 昭和31年生まれ 62歳
女性 平成12年生まれ 18歳 平成11年生まれ 19歳 平成10年生まれ 20歳
昭和61年生まれ 32歳 昭和60年生まれ 33歳 昭和59年生まれ 34歳
昭和57年生まれ 36歳 昭和56年生まれ 37歳 昭和55年生まれ 38歳
昭和33年生まれ 60歳 昭和32年生まれ 61歳 昭和31年生まれ 62歳

どんど祭について

01-14-08日時:平成29年1月14日(土) 午前11時~
場所:あやべ若宮神社境内

歳神様をお迎えするにあたり各家庭で祀られていた注連縄をご神火で焚き上げるおまつりです。
1年間の無病息災を祈りながらご神火にあたり、残った灰を持ち帰って家のまわりにまくことで、災いや厄を除けることができると言われています。

※灰を持ち帰るための容器をご持参ください。

秋祭りについて

H261012-04日時:平成28年10月16日(日) 午前7時40分より。
場所:あやべ若宮神社

赤旗行列・・・午前8時20分に若宮神社を出発します。
お神輿・・・・午前8時30分に若宮神社を出発します。

 

 

《お神輿の到着時刻》
8:40 田野入口三叉路→ 9:05 大本教長生殿→ 9:25 新町→ 9:40 若松町陸橋下→
10:00 川糸→10:30 並松町→ 10:50 上町→ 11:15 東・西本町→
11:30 南・北西町→ 11:40 綾部市役所

13:50 綾部市役所出発→ 14:20 月見町→ 14:40 本町4丁目→ 14:50 田町→
15:10 上野町→ 15:30 若宮神社到着

夏越の祓について

H260630-01

日時:平成28年6月30日(木) 午後3時から
場所:あやべ若宮神社境内

◇半年間の穢(けが)れを祓うとともに、暑い夏を無事に過ごせるよう祈願するおまつりです。

◇ご参拝の皆さまに、茅の輪と水無月を授与いたします。

厄除大祭について

 

宵宮:平成28年2月17日(水) 午後12時~午後9時
本宮:平成28年2月18日(木) 午前8時~午後9時

※祈祷料:5千円(厄除のお札、お守り、守り矢、厄除箸を授与いたします。)
※2月17日・18日の厄除大祭にお越しの方は、当日の受付順にご祈祷いたしますので、ご予約は不要です。
※厄除大祭以外の日にお越しの方は事前に電話でご予約ください。
※昨年お受けになられた厄除箸は神社までご持参ください。

 電話:0773-42-7189(よに・ないやく)

平成28年の厄年一覧表

前厄 本厄 後厄
男性  平成5年生まれ 24歳 平成4年生まれ 25歳 平成3年生まれ 26歳
昭和51年生まれ 41歳 昭和50年生まれ 42歳 昭和49年生まれ 43歳
昭和32年生まれ 60歳 昭和31年生まれ 61歳 昭和30年生まれ 62歳
女性 平成11年生まれ 18歳 平成10年生まれ 19歳 平成9年生まれ 20歳
昭和60年生まれ 32歳 昭和59年生まれ 33歳 昭和58年生まれ 34歳
昭和56年生まれ 36歳 昭和55年生まれ 37歳 昭和54年生まれ 38歳
昭和32年生まれ 60歳 昭和31年生まれ 61歳 昭和30年生まれ 62歳

どんど祭について

01-14-08日時:平成28年1月14日(木) 午前11時~
場所:あやべ若宮神社境内

歳神様をお迎えするにあたり各家庭で祀られていた注連縄をご神火で焚き上げるおまつりです。
1年間の無病息災を祈りながらご神火にあたり、残った灰を持ち帰って家のまわりにまくことで、災いや厄を除けることができると言われています。

※灰を持ち帰るための容器をご持参ください。

七五三まいりについて

10月から12月末までの土日祝祭日を中心に行います。 混雑が予測されるため、
事前にご予約をお願いいたします。 平日や期間外をご希望の方も、気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談は、電話0773-42-7189まで。

【対象年齢】
女の子:3歳(髪置の祝)、7歳(帯解の祝)
男の子:3歳(髪置の祝)、5歳(袴着の祝)

・おまいりのお子様、ご家族に抹茶、桜湯、お菓子の接待をしております。
・祈祷料・・・5千円(お札、お守り、千歳飴を授与いたします。)
・A4サイズの写真を2枚プレゼントいたします。
・衣装と小物類を無料でお貸ししておりますので、境内での記念撮影等にご利用ください。

88-1589-29103-04106-45104-20106-12

平成27年 秋祭りについて

H261012-04

日時:平成27年10月18日(日) 午前7時40分より。
場所:あやべ若宮神社

赤旗行列・・・午前8時20分に若宮神社を出発します。
お神輿・・・・午前8時30分に若宮神社を出発します。

 

 

《お神輿の到着時刻》
8:40 田野入口三叉路→ 9:05 大本教長生殿→ 9:25 新町→ 9:40 若松町陸橋下→
10:00 川糸→10:30 並松町→ 10:50 上町→ 11:15 東・西本町→
11:30 南・北西町→ 11:40 綾部市役所

13:50 綾部市役所出発→ 14:20 月見町→ 14:40 本町4丁目→ 14:50 田町→
15:10 上野町→ 15:30 若宮神社到着

平成27年 夏越の祓について

H260630-07

日時:平成27年6月30日(火) 午後3時から
場所:あやべ若宮神社境内

◇半年間の穢(けが)れを祓うとともに、暑い夏を無事に過ごせるよう祈願するおまつりです。

◇ご参拝の皆さまに、茅の輪と水無月を授与いたします。

厄除大祭について

宵宮:平成27年2月17日(火) 午後12時~午後9時
本宮:平成27年2月18日(水) 午前8時~午後9時

※祈祷料:5千円(厄除のお札、お守り、守り矢、厄除箸を授与いたします。)
※2月17日・18日の厄除大祭にお越しの方は、当日の受付順にご祈祷いたしますので、ご予約は不要です。
※厄除大祭以外の日にお越しの方は事前に電話でご予約ください。
※昨年お受けになられた厄除箸は神社までご持参ください。

 電話:0773-42-7189(よに・ないやく)

平成27年の厄年一覧表

前厄 本厄 後厄
男性  平成4年生まれ 24歳 平成3年生まれ 25歳 平成2年生まれ 26歳
昭和50年生まれ 41歳 昭和49年生まれ 42歳 昭和48年生まれ 43歳
昭和31年生まれ 60歳 昭和30年生まれ 61歳 昭和29年生まれ 62歳
女性 平成10年生まれ 18歳 平成9年生まれ 19歳 平成8年生まれ 20歳
昭和59年生まれ 32歳 昭和58年生まれ 33歳 昭和57年生まれ 34歳
昭和55年生まれ 36歳 昭和54年生まれ 37歳 昭和53年生まれ 38歳
昭和31年生まれ 60歳 昭和30年生まれ 61歳 昭和29年生まれ 62歳

どんど祭について

01-14-08日時:平成27年1月14日(水) 午前11時~
場所:あやべ若宮神社境内

歳神様をお迎えするにあたり各家庭で祀られていた注連縄をご神火で焚き上げるおまつりです。
1年間の無病息災を祈りながらご神火にあたり、残った灰を持ち帰って家のまわりにまくことで、災いや厄を除けることができると言われています。

※灰を持ち帰るための容器をご持参ください。

七五三まいりについて

10月下旬から12月上旬の土日祝日を中心に行います。 混雑が予測されるため、できる限り事前に
ご予約をお願いいたします。 平日や期間外をご希望の方も、気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談は、電話0773-42-7189まで。

【対象年齢】
女の子:3歳(髪置の祝)、7歳(帯解の祝)
男の子:3歳(髪置の祝)、5歳(袴着の祝)

・おまいりのお子様、ご家族に抹茶、桜湯、お菓子の接待をしております。
・祈祷料・・・5千円(お札、お守り、千歳飴を授与いたします。)
・A4サイズの写真を2枚プレゼントいたします。
・衣装と小物類を無料でお貸ししておりますので、境内での記念撮影等にご利用ください。

88-1589-29103-04106-45104-20106-12

平成26年 秋祭りについて

H251013-14

日時:平成26年10月12日(日) 午前7時40分より。
場所:あやべ若宮神社

赤旗行列・・・午前8時20分に若宮神社を出発します。
お神輿・・・・午前8時30分に若宮神社を出発します。

 

 

《お神輿の到着時刻》
8:40 田野入口三叉路→ 9:05 大本教長生殿→ 9:25 新町→ 9:40 若松町陸橋下→
10:00 川糸→10:30 並松町→ 10:50 上町→ 11:15 東・西本町→
11:30 南・北西町→ 11:40 綾部市役所

13:50 綾部市役所出発→ 14:20 月見町→ 14:40 本町4丁目→ 14:50 田町→
15:10 上野町→ 15:30 若宮神社到着

平成26年 夏越の祓について

H250630-04日時:平成26年6月30日(月) 午後3時から
場所:あやべ若宮神社 境内

◇半年間の穢(けが)れを祓うとともに、無事に暑い夏を過ごせるよう祈願するおまつりです。

◇ご参拝の皆さまに、茅の輪と水無月を授与いたします。

十三まいりについて

あやべ若宮神社では十三まいりの受付をはじめました。
一般的には旧暦の3月13日に行うことが多いようですが、一年間いつでもご相談ください。

ご予約・ご相談は、電話0773-42-7189まで。

干支が一巡して自分の生まれ年の干支に戻るのが13歳。
このことから男女ともに数え年の13歳は厄年と言われています。
子どもからおとなへの転換期でもあるこの年にご神前におまいりして厄を祓い、
智恵と健康と福徳を授かるのが十三まいりです。
京都を中心に、主に関西地方で行われています。

13-01 13-03 13-02

 

 

 

 

 

※おまいりの皆さまに、抹茶・桜湯・お菓子をご用意しております。
※祈祷料・・・5千円(天神さんのお札・健康お守りを授与いたします。)
※A4サイズの記念写真を2枚プレゼントいたします。
※女の子用の着物を6パターン用意しております。境内での写真撮影等に無料でご利用いただけます。

厄除大祭について

宵宮:平成26年2月17日(月) 午後12時~午後9時
本宮:平成26年2月18日(火) 午前8時~午後9時

※祈祷料:5千円(厄除のお札、お守り、守り矢、厄除箸を授与いたします。)
※2月17日・18日の厄除大祭にお越しの方は、当日の受付順にご祈祷いたしますので、ご予約はいりません。
※厄除大祭以外の日にお越しの方は事前に電話でご予約ください。
※昨年お受けになられた厄除箸は神社までご持参ください。

 電話:0773-42-7189(よに・ないやく)

平成26年の厄年一覧表

前厄 本厄 後厄
男性  平成3年生まれ 24歳 平成2年生まれ 25歳 平成元年生まれ 26歳
昭和49年生まれ 41歳 昭和48年生まれ 42歳 昭和47年生まれ 43歳
昭和30年生まれ 60歳 昭和29年生まれ 61歳 昭和28年生まれ 62歳
女性 平成9年生まれ 18歳 平成8年生まれ 19歳 平成7年生まれ 20歳
昭和58年生まれ 32歳 昭和57年生まれ 33歳 昭和56年生まれ 34歳
昭和54年生まれ 36歳 昭和53年生まれ 37歳 昭和52年生まれ 38歳
昭和30年生まれ 60歳 昭和29年生まれ 61歳 昭和28年生まれ 62歳

どんど祭について

01-14-08日時:平成26年1月14日(火) 午前11時~
場所:あやべ若宮神社境内

歳神様をお迎えするにあたり各家庭で祀られていた注連縄をご神火で焚き上げるおまつりです。
1年間の無病息災を祈りながらご神火にあたり、残った灰を持ち帰って家のまわりにまくことで、災いや厄を除けることができると言われています。

※灰を持ち帰るための容器をご持参ください。