〒623-0035 京都府綾部市上野藤山1番地乙

初宮まいり

11/18 七五三まいり&初宮まいり

平成30年11月18日(日)

晴れていても空気が冷たくなってきましたね。
今日も若宮さんの境内は たくさんの色とたくさんの声とたくさんの笑顔でにぎわいました。
初めてのおまいりの子も、2年もしくは4年ぶりの再会組も、またそのご家族も、どんな月日を過ごして今日にたどりついたのかしら。そしてどんな明日を迎えるのかしら。どうか 一日の終わりをやさしい気もちで迎えられる日がたくさん訪れますように。

と、そんなことを考えながら長崎カステラ(ザラメ入り!)をほおばり紅茶を飲んで、長崎カステラには紅茶じゃなくて牛乳だよなと思う午後8時半。
社務所の小窓だより、更新です。

土佐の坂本さんって人も同じ「龍馬」なんですけど、ボクの場合は「リョ」じゃなくて「リュ」と読みます。

社務所を出立する時は、右手にぎゅっとお饅頭をにぎりしめて。
平常心でいるための おまじなーい おまじない。

袴をはいたら急におねえさんみたいになって、チェックのひらひら段々スカートをはいたら若草物語のエイミーみたいになって。
7歳女子のポテンシャル。身につけるものでどんな風にも変身できます!

う~ん なんだかいい香り。これはきっと晴れの日の香りだ。

「どうか かわいいきれいなお姫様になれますように。」
社務所の和室で深々と頭を下げ、母といっしょに声をそろえてお願いしました。

その甲斐あって願いはカナミ・・・というか、お祈りしている時から、すでに ものすごくかわいいきれいなお姫様だったのですがね。

おかあさんから受け継いだ 真っ赤な着物を着たあとは、さあさ皆で何を食べよう。
「焼肉でもええで。」「におい大丈夫かな?」
だいじょぶだいじょぶ。においがついたら なんとかリーズで消しましょう。

レノンちゃんに贈る 小窓さんのだいすきな1曲。
ジョン・レノンの「(Just Like)Starting Over」をご存知でしょうか。おとなになったらなんども聴いてね。なんど聴いてもしびれるよ。

第1回 WKNサミット in 若宮。(WKNはWaKaNaのことです。いいですか皆さん、ついてきてくださいよ。)
モウスト・インポータント議題は「額に入れる朱の文字をどうするか問題」について。両家の首脳が集まって熱い議論がかわされました。

「男の子みたいに元気だから『大』の字のほうがいいと思うんです!」
「いやいや、そこはやはり『肉』でしょう!」

ま、結局は原点にかえって写真のとおりに落ち着きましたので、受験生の皆さんは覚えなくてもよいかと思います。

昨日、「七五三ist」なる言葉が誕生した小窓だよりですが、それに続きまた新しい単語が小窓辞典に加わりました。

その言葉は「付添人ist(ツキソイニスト)」。七五三istの付添人ist。
本日午後の若宮さんに、七五三史上最強の付添人istが登場。

撮影スポットの あの場所この場所を知り尽くし、ハードとソフトを最大限に活用して子たちの笑顔を引き出す引き出す引っ張り出す。

今日も大変に盛り上げていただき、あいがとさげもす!またのご参詣を!

先ほどは、なぜ急に「あいがとさげもす」だったかと言うと、こちらのHRK氏が西郷どんの熱きファンだからなのです。

雨でも冬でも半そで半ズボンの熱い男ですが、「なあなあ、神様って人の頭の上におるん?」なんてかわいい質問をおとうさんにするものですから、小窓さんはもうギャップ萌え~。ちぇすとー、きばれぃ。

「もう着れたかな」「ちょっとのぞいてみよっかな」「やっぱりここで待とうかな」
七五三の見どころ。いちばんは、もちろん主役の子どもたち。でもちょっと退屈してきた人は「娘の着替えを待つおとうさんs」を味わってみてください。

七五三istを3人育てたおとうさんでも、そわそわ どきどき そわそわ わくわく。

かわいい花嫁姿にご対面したあの日も、たぶんこんな気持ちだったはず。
でしょ?

パッヘルベルのカノンを口ずさみながら、丸くてかわいいおまんじゅうをペロリと食べてはお皿を重ねる。

小窓さんは、回るお寿司屋さんに行くと色別にお皿を重ねます。他の人が重ねた後でも、わざわざ色別に直してしまう面倒なタイプです。
カノンさんはどんなタイプですか?

小窓さんって、窓なのにお寿司たべるの?
「・・・」
ではまた来週。

8/18 初宮まいり

平成30年8月18日(土)

夏の高校野球。
「カキーン」という、生ビールともっとも相性がよい(小窓はお酒を飲みませんが、なんだかそんな気がするのです。ちがいまっか?)、そんな金属音を聞きながら、みちのくの、とある県立農業高校の「チョット気になる!最近の農場の様子」コーナーを熟読する日々です。

さて、初宮まいりです。

ざんしょおみまいもうしあげます。

ぼくは好きなものを見つけると、おでこをすりすりしたくなります。
しかし今日は、おでこに魔法がかかっているみたいなので控えています。

眠れない日はヒツジではなく鉛筆を数える。それが我が家のトレンドです。おじいちゃんは、シャガを数えるのがマイブームのようです。今度の春が楽しみです。

6/9 初宮まいり

平成30年6月9日(土)

ろくがつここのか。ロックの日の初宮まいりです。

 

ここはどこ?ここは若宮さん。
ここは晴れ。梅雨だけど、晴れ。わたしの心はいつも、晴れ。

蝶ネクタイとキラキラネックレスでおしゃれして、おにいちゃん&おねえちゃんになったことを神様にご報告しました。

4/1 初宮まいり

平成30年4月1日(日)

すでに桜が満開です。
エイプリルフールですが、本当のことです。
今日もめでたい初宮まいり。

「本当かなー、本当かなー?初宮まいりの赤ちゃんのおでこに落書きをする風習があるなんて、本当かなー?
エイプリルフールってのは、ついつい考えすぎちゃうんですよね。ばぶばぶ。」

どうやら本当らしいです。
「大」は「天」を表しているそうです。
なんだか壮大な男になれる気がしてきました。

3/26 初宮まいり

平成30年3月26日(月)

さぶろうの日の初宮まいり。
桜はもうすぐ、ですかね。

みんなをしあわせにする笑顔。
いただきました!

ばぶばぶばぶ。べぼべぼべぼ。
何がなんやら分からない?
いいえ、ばあばと赤ちゃんはしっかり目と目で通じ合っています。

3/25 初宮まいり

平成30年3月25日(日)

太平洋側の地域では、次々と桜が咲きはじめているもよう。
若宮さんでは、手水舎に龍が現れたもよう。

春うらら。おしゃれ女子の初宮まいりです。

ピカピカの女の子には赤色がよく似合う。

ほっぺをツンツンされると、ふにゃっと微笑む。天使です。

初宮まいりの勝負衣装は、姉からゆずり受けた縁起物。袴仕立てのベビー服です。
そのワンピースとボレロも今から予約しとこっと♪

3/19 初宮まいり

平成30年3月19日(月)

3、1、9、だから「さー、行くゾ!」の日。
どこへ行くのか、何をしに行くのかは、あなたしだい。

こんなとき、寅さんはどうやって行き先を決めていたのかしら・・・。

さて、初宮まいりです。

迫りくる筆先にも、パシャパシャ光るカメラのフラッシュにも、興味津々の十二の瞳にも動じない。あまりの目ヂカラに、宮司さんの手がぷるぷる震えてしまいました。

豊かな黒髪も私の自慢。
うふふのふ。

初宮まいりの集合写真では赤ちゃんの顔がうずもれる?そんなことがあっていいのでしょうか! 主役は ハイ!ハイ!あたしですからー!

1/14 初宮まいり&どんど祭

平成30年1月14日(日)

今年さいしょの初宮まいりをお迎えした朝。
若宮さんのバケツには、ちょうど4枚切りトーストくらいの分厚くぜいたくな氷が張っておりました。
外はカリッ、中はモチッ、という感じではなく、硬くて冷たくて強そうでした。

さて、今日は「どんど祭」も執り行われました。
煙を浴びて灰を撒いて、無病息災家内安全!

奥のみかんに気をとられてはなりません。 氷を見てください、硬くて冷たくて強そうな氷を。

すやすや休んでキョロキョロして、声を張り上げミルクを飲んで。 生後1か月と少しですが、赤ちゃんのおつとめを立派に果たしています。

大きな声は、しっかり神様に届きましたよ!

2年前、ここ若宮さんで同じように初宮まいりを迎えた赤ちゃんは、お饅頭をふたくち半で食べる、車がだいすきな頼もしい兄になって再登場。

「1/14は若宮さんの”どんど”で灰をゲットして家のまわりにまく!」 おとうさんから受けついだタスキのひとつ。本日、どんどデビューしました。

6/24 初宮まいり

平成29年6月24日(土)

3人のかわいい赤ちゃんがご参詣。
本日は「目と目で通じ合う」シリーズです。

目と目で通じ合う・・・

かすかに ん

色っぽい、というよりは、ねみゅい。

 

4/2 初宮まいり

平成29年4月2日(日)。

連日の初宮まいり。
1日の昨日はひとり。2日の今日はふたご。3日の明日は…

黄緑色のほにゅうびんはマリンちゃんの。

目じりを上げる暇がないタカちゃんに抱かれているのがマリンちゃん。

黄色のほにゅうびんはカリンちゃんの。

おかわりして120ccのミルクを飲みほしたのがカリンちゃん。

さて、どちらがマリンちゃんで どちらがカリンちゃんで どちらがタカちゃんでしょうか。

4/1 初宮まいり

平成29年4月1日(土)。

4月です。ほんものの春がやってきましたよー。

 

人生初めてのおまいりは、はじまりから終わりまでずっと夢の中でした。

どんな夢をみていたかと言うと、お兄様が白くて丸い あんこの入ったお饅頭を大事そうにゆっくり食べていた夢です。

え、それってエイプリルフール??

答えのヒントは、お兄ちゃんの ま~るいお腹にあり。
あとはご想像におまかせします。