〒623-0035 京都府綾部市上野藤山1番地乙

総代さんの若宮days

12/4 注連縄づくり

平成28年12月4日(日)

12月に入り、中村吉右衛門の鬼平犯科帳がファイナルを迎えました。
何かと動きのある師走です。

今年もまた、坂本神社・大谷神社・若宮神社の腕に覚えのある総代さんたちが、見事な注連縄を綯い上げました。

h281204-10 h281204-11 h281204-12 h281204-13 h281204-14 h281204-15 h281204-16

足場をつくる!

平成28年9月11日(日)。

ばんせん、しの、とび・・・。
若宮さんの作業には色々な名前の道具が登場します。
いつか、道具の名前と使い道などをまとめた手帳を作ってみたいと思っています。

今日の作業は草刈りメンズのための足場づくりです。

作業は木を切るところから始まりました。

作業は木を切るところから始まりました。

おとうちゃん世代から息子世代へ。技術の伝承です。

おとうちゃん世代から息子世代へ。技術の伝承です。

h280911-03

畳上げ!!

平成28年8月7日(日)

気温が37度でも、きゅうりが「の」の字に曲がろうとも、これをやらなきゃ夏じゃない。
そうです。恒例の畳上げです。

本日をもちまして、若宮神社に夏がやってまいりました。

「たたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみ。」 噛まずに読めた人、挙手してください。

「たたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみたたみ。」
噛まずに読めた人、挙手してください。

N氏の手しごと。 年に一度のこの日、このためだけに使う道具だからこそ、こだわりと工夫が満載です。

N氏の手しごと。
年に一度のこの日、このためだけに使う道具だからこそ、こだわりと工夫が満載です。

H280807-03

ぬけがらは見た。2年ぶりの畳ドミノと、そこに群がる人々を。

ぬけがらは見た。2年ぶりの畳ドミノと、そこに群がる人々を。

あわてる者5名、唖然とする者1名、気にしない者1名。 写真には写っていませんが、にやにやと笑う者1名、「ごんねぎ、写真写真!」と言う者1名、あわててカメラを取りに走る者1名。 以上。ご神木から、ぬけがらリポーターがお伝えしました。

あわてる者5名、唖然とする者1名、気にしない者1名。
写真には写っていませんが、にやにやと笑う者1名、「ごんねぎ、写真写真!」と言う者1名、あわててカメラを取りに走る者1名。
以上。ご神木から、ぬけがらリポーターがお伝えしました。

メロンを植えたのにかぼちゃができた!という逸話をもつY氏が、愛情をいっぱい注いで育てたスイカです。 ポンポンと叩いて「おいしいおいしい」と返事が聞こえたら、それが食べごろのしるしなんだそうです。 みなさんもお試しください。

メロンを植えたのにかぼちゃができた!という逸話をもつY氏が、愛情をいっぱい注いで育てたスイカです。
ポンポンと叩いて「おいしいおいしい」と返事が聞こえたら、それが食べごろのしるしなんだそうです。
みなさんもお試しください。

注連縄づくり

平成27年12月6日(日)

大谷神社・坂本神社・若宮神社。
毎年恒例の3社合同注連縄づくり。

腕に覚えのある注連縄メンズ、ここに集結。 「1+1=」の合図でシャッターを押した写真の、皆さんの口の動きをよく見てください。 とにかくもう「ひねり」と「ねじり」のプロなので、こういうことになるのであります。

腕に覚えのある注連縄メンズ、ここに集結。
「1+1=」の合図でシャッターを押した写真の、皆さんの口の動きをよく見てください。
とにかくもう「ひねり」と「ねじり」のプロですから、こういうことになるのであります。

畳上げ!!

平成27年8月9日(日)

若宮神社、夏の風物詩。
Let’s  畳上げ!

H270809-01

N氏製作。この竹の棒があるから「ストップ、畳ドミノ!」です。 ここだけの話、ドミノもけっこう楽しみだったんですけどね。ここだけの話です。

N氏製作。この竹の棒があるから「ストップ、畳ドミノ!」です。
ここだけの話、ドミノもけっこう楽しみだったんですけどね。ここだけの話です。

H270809-03

しゅわしゅわサイダーゼリー。

しゅわしゅわサイダーゼリー。

9月の境内作業

平成26年9月7日(日)。

夜になるとリンリンリンリン・・・と鈴虫が鳴き、
昼間の森に耳をすますとじゅわじゅわじゅわ・・・と蝉の声が聞こえる季節。
錦織圭がジョコビッチに勝った翌日。
お月さんが真ん丸になるまであともう少しの今日。

目黒のサンマがえらいことになっていたそうです。

今日は丸太の整理整頓。

今日は丸太の整理整頓。

焚き火の季節を迎える準備です。

焚き火の季節を迎える準備です。

木の皮パックをはがすと、そこにはつるっつるの・・・。

木の皮パックをはがすと、そこにはつるっつるの・・・。

おや?美肌の丸太はどこに行くのでしょうか。

おや?美肌の丸太はどこに行くのでしょうか。

作業と作業の間には、道具のお手入れタイムがあります。

作業と作業の間には、道具のお手入れタイムがあります。

美肌の丸太は草刈りメンズのための足場となりました。

美肌の丸太は草刈りメンズのための足場となりました。

8月の境内作業

平成26年8月17日(日)。

社務所の障子を張り替えました。
子どもの頃、しっかりと張り替えのお手伝いに励んでこられた総代さんたちですので、
手の動きも口の動きも軽やかに、すいすいすーいと仕上げてくれました。

するりときれいに剥がせた時のうれしいこと、うれしいこと。

するりときれいに剥がせた時のうれしいこと、うれしいこと。

並んでいるのは障子のわくわく。 ながめる小窓の胸もわくわく。

並んでいるのは障子のわくわく。
ながめる小窓の胸もわくわく。

笑顔で何を話しているかって? 「したきりすずめ」の話とか、余ったのりを顔に塗ったらシワが伸びるかもとか、為になる話ばかりです。

笑顔で何を話しているかって?
「したきりすずめ」の話とか、余ったのりを顔に塗ったらシワが伸びるかもとか、為になる話ばかりです。

若宮の総代さんは、いつも笑顔で作業しています。 そんな時は、だいたい為になる話に花が咲いています。

若宮の総代さんは、いつも笑顔で作業しています。
そんな時は、だいたい為になる話に花が咲いています。

夏越の祓、準備編。

平成26年6月28日(土)。

ついこの間、ずずずずずっと年越そばをすすったばかりのような気がしますが、カレンダーは早くも6月。
しかも残りあと2日。
それでもよくよく思い出してみると、年越そばに絡まって→お雑煮を食べて→撒かれた豆にすべって転び→白酒に呑まれて→花見団子に見とれて→柏餅に挟まれて・・・という具合に、きちんと半年分のいろいろをこなして6月下旬を迎えています。

さて、本日は「夏越の祓」に向けて茅(ちがや)の準備をしました。
6月30日(月)午後3時より執り行いますので、ご家族おそろいでおまいりください。

朝いちばんから茅(ちがや)刈り。

朝いちばんから茅(ちがや)刈り。

H260628-05

H260628-06

H260628-07

H260628-08

本日のまかないは、若宮さん特製の選べる定食。 肉じゃがv.s夏野菜カレー。

本日のまかないは、若宮さん特製の選べる定食。
肉じゃがv.s夏野菜カレー。

H260628-10

H260628-11

暑い夏を乗り切るためには・・・ 1.カレー 2.水分 3.夏越の祓(6/30 午後3時~若宮神社境内にて)

暑い夏を乗り切るためには・・・
1.カレー 2.水分 3.夏越の祓(6/30 午後3時~若宮神社境内にて)

6月の境内作業

平成26年6月8日(日)。

ハイビスカスではなくサツキの花びらでお出迎え。 ハワイアンならぬ、わかみやん。

ハイビスカスではなくサツキの花びらでお出迎え。
ハワイアンならぬ、わかみやん。

若宮さんの剪定番長による、情熱的ビフォー・アフター。 これは、ビフォー。

若宮さんの剪定番長による、情熱的ビフォー・アフター。
これは、ビフォー。

そして、アフター。 おー、びゅーりほー。

そして、アフター。びゅーりほー。

H260608-04 H260608-03 H260608-01

総代さんの元気の素。 本日は特製おぜんざいと赤しそジュースです。

総代さんの元気の素。
本日は特製おぜんざいと赤しそジュースです。

注連縄(しめなわ)びより

平成25年12月8日(日)。

この季節になると小さい頃に読んだ「かさこじぞう」の一節を思い出します。
「ああ、そのへんまでお正月さんがござらっしゃるというのに・・・云々」

というわけで、そのへんまでお正月さんがござらっしゃるので、若宮さんも気合を入れてお正月さんをお迎えする準備にかかりました。
注連縄づくりの圧巻&おもしろ写真をごらんください。

 

H251208-01 H251208-02 H251208-03 H251208-04 H251208-05 H251208-06

11月の境内作業

平成25年11月17日(日)。

さわやかな季節をかけ足で通りすぎて、このまま寒い寒い冬に突入するのかと思っていましたが、やっぱり日本は四季の国。
もみじの美しい秋が若宮さんにもやってきました。

天神さんのわきに、梅の木を2本植えました。 大きくなって花が咲いて実がついて。そのうちお正月の福梅として皆さんの前に出られる日を心待ちにしています。

天神さんのわきに、梅の木を2本植えました。
大きくなって花が咲いて実がついて。そのうちお正月の福梅として皆さんの前に出られる日を心待ちにしています。

林の向こうの駐車場。 あのおふたりは一体なにを??

林の向こうの駐車場。
あのおふたりは一体なにを??

答:駐車場の線引きです。 「たとえキュウリは曲がろうとも、線は決して曲げないゼ!」

答:駐車場の線引きです。
「たとえキュウリは曲がろうとも、線は決して曲げないゼ!」

落ち葉に枯れ枝イノシシの糞。 集めるものがいっぱいです。

落ち葉に枯れ枝イノシシの糞。
集めるものがいっぱいです。

さて問題。この中に人は何人いるでしょう? ついでにもひとつ、お尻はいくつあるでしょう?

さて問題。この中に人は何人いるでしょう?
ついでにもひとつ、お尻はいくつあるでしょう?

若宮の杜のわき腹あたり。 紅葉がきれいに色づいています。

若宮の杜のわき腹あたり。
紅葉がきれいに色づいています。

 

10月の境内作業

平成25年10月6日。

さて、来週の日曜日は秋まつりです。
よいお天気になりますように。

謎の長~い棒を軽トラに積みこんで・・・

謎の長~い棒を軽トラに積みこんで・・・

お便所の横を通過して・・・

お便所の横を通過して・・・

そうです。今日は幟(のぼり)を立てる日。 「あんまり急かすなよー。ゆっくり通してくれよー。」 わきあいあい。

そうです。今日は幟(のぼり)を立てる日。
「あんまり急かすなよー。ゆっくり通してくれよー。」
わきあいあい。

持ち上げる時は皆で力を合わせて。 サスマタ係もがんばります。

持ち上げる時は皆で力を合わせて。
サスマタ係もがんばります。

青空の下、大幟が立ちました。 いよいよ来週です。

青空の下、大幟が立ちました。
いよいよ来週です。

9月の境内作業

平成25年9月8日。

秋まつりの準備がはじまりました。

雨の降る午前中、真っ赤な旗を組み立てたらお日様が出てきました。

雨の降る午前中、真っ赤な旗を組み立てたらお日様が出てきました。

今日から少しずつ準備がすすんでいきます。

今日から少しずつ準備がすすんでいきます。

じゃじゃーん! 総代のSさんの作品です。

じゃじゃーん!
総代のSさんの作品です。

H250908-07

8月の境内作業

平成25年8月11日。

年1回の大仕事。
社務所と神殿の畳あげです。

じゃんじゃかじゃーん。棒きれで「前にならえ」。畳の整列です。

じゃんじゃかじゃーん。棒きれで「前にならえ」。畳の整列です。

ま、こんなこともありますが、想定内想定内。

ま、こんなこともありますが、想定内想定内。

忍ちゃんを探せ!

忍ちゃんを探せ!

ひまわりだけではありません。 座布団だってお日様のほうを向く習性があるのです。

ひまわりだけではありません。
座布団だってお日様のほうを向く習性があるのです。

ガムテープで道をつくってペンキ塗り。 いろんなところで職人技が光ります。

ガムテープで道をつくってペンキ塗り。
いろんなところで職人技が光ります。

毎度おなじみ、クサカリ・メンズ。

毎度おなじみ、クサカリ・メンズ。

助走、序奏、女装。いや、ちがいます。 こちらは除草メンズです。変換ミスにご注意を。

助走、序奏、女装。いや、ちがいます。
こちらは除草メンズです。変換ミスにご注意を。

クリント・イーストウッドが煙草を電動のこぎりに持ちかえると、梅の木が涼しげになりました。

クリント・イーストウッドが煙草を電動のこぎりに持ちかえると、梅の木が涼しげになりました。

7月の境内作業

平成25年7月14日。

夏です。
おいしいスイカの選び方。
外側からポンポンたたいてみて、自分のお腹をたたいた音と同じだったら間違いないとか、
細い金属製ストローをこっそり差し込んで味見したらいいとか、
歴史に残る名言続出です。

世界でいちばんおいしいスイカは、仕事で汗を流したあとに食べるスイカです。

世界でいちばんおいしいスイカは、仕事で汗を流したあとに食べるスイカです。

神殿をすみずみまで、ふきふきふき、ふきふきふき。

神殿をすみずみまで、ふきふきふき、ふきふきふき。

葉っぱとともに福を集めて思わずほころぶ。くふふふふ。

葉っぱとともに福を集めて思わずほころぶ。くふふふふ。

あっ、お花だと思ったら・・・。

あっ、お花だと思ったら・・・。

あっ、お花が笑った!と思ったら・・・あなたでしたか。

あっ、お花が笑った!と思ったら・・・あなたでしたか。

火おこしの術~。

火おこしの術~。

若宮のクリント・イーストウッド。腰には拳銃ではなく、麦茶のボトルが入るそうです。

若宮のクリント・イーストウッド。腰には拳銃ではなく、麦茶のボトルが入るそうです。

木のざぶとん。自分に合わせて道具を使いこなす。さすがです。

木のざぶとん。自分に合わせて道具を使いこなす。さすがです。

若宮のクサカリ・メンズ。

若宮のクサカリ・メンズ。

男は背中で語るもの。

男は背中で語るもの。