〒623-0035 京都府綾部市上野藤山1番地乙

12月

12/9 注連縄づくり

平成30年12月9日(日)


はい、ねじねじぐるぐるクラブはこちらです。
恒例の注連縄づくり。

12/9 十三まいり&七五三まいり

平成30年12月9日(日)

あちらこちらで第九が流れるシーズン。
十三まいりと七五三まいりの華やぎのとなりでは、ねじねじぐるぐる恒例の注連縄づくりが行われていました。

あれから6年。念願かなってめでたく十三まいりを迎えました。 中学生になるあなたへの贈る言葉。「自信をもっておでこは出すべし!」
三十年以上前、おかあさんのお宮まいりの時に、おばあちゃんが作ってくれた着物。 しあわせの青いバトンのまわりはいつも笑顔でいっぱいいっぱいです。 おばあちゃーん、写真みてくれましたかー?
さて、十三まいりのおねえさんからのバトン。着物の瑠璃色つながりで。 こちらのきょうだいの名前を見たとたん、小窓さんの頭はあの歌でいっぱいに。
♪朝陽が水平線から 光の矢を放ち~♪ そう、永遠の定番曲。「瑠璃色の地球」です。 オープンマインドの妹のかたわらには・・・
クールで安定の兄あり。おまいりが終わり、いちもくさんに衣装を脱ごうとする妹に、「自分で脱ぐのは無理やろー」と。
さて次は、先ほどのきょうだいチームからのバトン。「兄いもうと物語」つながりで。 銀ギラギンにさりげない、兄。
こちらは、人なつっこくて自由な妹。 おまいりのあとは、みんなでお寿司を食べにいくんだぁい。
そういえば、東京駅の有名な待ち合わせスポットの名前、知ってる? 「銀の鈴」っていうんだよ!

12/8 七五三まいり

平成30年12月8日(土)

いよいよ雪が降るのでしょうか。本格的に風が冷たくなってきました。

小窓さんが今年のうちにやっておきたいこと。
ひとつ、録画したままになっている10月からの「ダーウィンが来た!」を見る。
ひとつ、八の段を自信満々で言えるようになる。
ひとつ、「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」を一度も笑わずに読む。—これが実はむずかしい。いつも2ページの最後の行で「ふふっ」と笑ってしまうのです。

みなさんも今年のうちにやっておきたいこと、何かありますか?

右手にハッピーターン、左手に七五三バッグ。どちらかを手放すとしたら・・・うーん、それって細川たかしと炊きたての「つや姫」のどっちがよりツヤツヤしているかってくらい難しい問題。
10ほど大きいおねえちゃんがいるって、どんな感じなのかしら。甘いマスクのなかよし3きょうだい。見ているだけで、なんだかしあわせ。
おとうさんのポケットは魔法のポケット。
甘くて赤くて弾力のある魔法のグミが、ここぞという時に飛び出します。
さて、ここで問題です。この二人は何を見てこんなに笑顔なんでしょうか?
①おかあさんの福知山音頭  ②小窓さんのどじょうすくい  ③おとうさんのブタ鼻

12/2 七五三まいり

平成30年12月2日(日)

ブラウスのしわ、サランラップもしくはNEWクレラップのしわ、みけんのしわ、目じりのしわ。
しわをのばす、しわす。

目じりのしわだけは、そのままでいいか。
本日も、七五三まいりです。

菊はまだまだ菊、です。

衣装係さんから「乱れる前に写真撮影を!」と言い渡されたのには深いわけがありまして。

ただのおてんば&やんちゃというわけではないんです。
血が騒ぐというか、DNAがだまっていないというか・・・。

先ほどまでの足をそろえたピチっとポーズは、世をしのぐ仮の姿。
自由なポーズを解禁した瞬間、あっという間にダンサーきょうだいになりました。

ちょけていてもかっこいい。
ちょけていても、なんだかおしゃれ。

歩くたびに草履から聞こえるチリンチリンで、かわいい笑顔が覚醒しました。

あたし、しっかり者ですから。
受付票は自分で宮司さんにわたすんだい。

「しわくちゃ」というのは、なんとなく七五三の反対側にある言葉みたいですが、3歳女子ならではの、こっち側の「しわくちゃ」もあるのです。

スヌーピーのアシンメトリーなシューズ。
最近はカタカナばかりで分かりにくいですね。日本語にすると、こんな感じ。
「おせっかい焼きさんの左右非対称な靴」

ところで、スヌーピーに出てくる黄色い生き物の正体を知っていますか?
犬?ねずみ?とり?

ぼくの前髪も、アシンメトリー。
スガシカオのアシンメトリー、知っているかしら。

♪半分に割った赤いリンゴの イビツな方をぼくがもらうよ♪
できればシナノドルチェでおねがいします!

お気づきの方は たぶんいらっしゃらないと思いますが、私たちは糸子じゃなくて糸こんにゃくでもなくて、従兄弟です!

若宮さんのランウェイを歩く。
青い着物で歩く。
まつ毛を風になびかせて歩く。

かわいいヘアアレンジは、おかあさんが心をこめて。

ひさしぶりの、姉おとうと物語。

京都ハンナリーズよりも、もっともっと はんなりーです。

「カメラを止めるな!」という映画が話題ですね。「カメとめ」って言うんだそうですよ。
こちらの父曰く「チャンス(シャッターチャンスのことね)を逃すな!」
「チャンのが」ってことですね。了解いたした!

了解いたしたはずでしたが、扇子のひだが気になっちゃって・・・

気になっちゃって・・・。
だけどなんだか楽しそうだから、良しとしてもらいましょう。